蜂の巣退治を依頼する

荷物をおろす

蜂の巣が発生したとき

自宅や学校、事務所などに蜂の巣ができた場合、どのように駆除するかは重要です。 スズメバチのように危険な蜂の場合は、まず役所に問い合わせる方法があります。自宅の庭先などにスズメバチの巣が発生すれば、近所にも危険が及びます。地元の役所の保健衛生部門が対処してくれる場合があります。 集合住宅や事業所の場合は、専門業者を利用するよう役所側から促されることが多いようです。また、アシナガバチのようなその他の蜂の巣を退治する場合も、専門業者に駆除を依頼するのが一般的です。 スズメバチの場合は、命の危険があることから役所が直接、蜂の巣の退治に乗り出してくれることが多いのです。 蜂の巣を退治してくれる専門業者はたくさんあります。 それぞれ専門知識と経験を有し、さまざまなツールを使用することで、安全に蜂の巣を退治、駆除してくれます。

危険なスズメバチの巣を駆除する

最も危険なスズメバチの場合、春先から活動を始め、越冬前の秋まで営巣作業を行います。特に春先から夏場にかけては、活動が盛んなため、自宅の庭先や家屋の一部を利用して巣を作られることがあります。 高い木の上や普段使用しない場所に巣を作られた場合を含め、蜂の巣の特徴を確認したうえで、その危険性を判断する必要があります。 攻撃性の強いスズメバチは巣を守る防衛本能から、近づく人間を攻撃します。 したがって、スズメバチの巣を発見したら、すぐに役所や専門業者に連絡を取ることが勧められます。 蜂の巣の駆除には、専門知識が必要です。一般の人が駆除活動を行うのは、大きな危険が伴います。 蜂の退治、巣の撤去、再び戻らないように処理する、など万全の注意と経験が必要です。 春先から蜂の活動が活発になることから、蜂の巣の発生には特別の注意が必要です。